二段ベッド カビ対策

二段ベッドのカビで悩まないために

二段ベッドのカビに悩まされている方は、意外と多いようです。ある日マットレスをめくってみたら、床板やマットレスにカビが生えていてビックリ・・・なんてこともあるようです。

 

カビは健康にも良くないですし、特にお子さんが使っているベッドの場合には心配ですよね。カビはアレルギー性鼻炎やぜんそくを引き起こすこともあるので、発生しないように気をつけたいものです。カビが発生しにくい二段ベッドを選んだり、正しいお手入れをすることによって、カビは防ぐことが出来ます。

 

カビが発生しにくい二段ベッドを選びたいならば、床板がすのこ状のものが良いでしょう。人は一晩寝ると、コップ1杯の汗をかくといわれています。

 

その汗をマットレスが吸い込んでしまうわけです。床板が一枚の板になっていると、その水分が逃げる道がなくなってしまい、床板やマットレスが湿気ってしまいます。カビは湿気を好みますから、これがカビの原因となってしまうのです。

 

床板がすのこ状のものであれば湿気を逃がすことが出来ますから、カビが生えにくくなるわけです。

 

 

床板のすのこの材質には、ヒノキ、桐、杉、パイン材などがあります。どれも吸放湿効果が高いというメリットがあります。これは、湿度が高ければ木材が湿気を吸収し、乾燥していれば木材が湿気を放出するというものです。すのこ板の木材が湿度を調節するので、カビが生えにくい環境を保つことが出来るのです。

 

この時に気をつけて頂きたいのは、すのこが塗装されているものは避けた方が良いということです。すのこが塗装されていると、すのこ自体にカビは生えにくくなりますが、せっかくの吸放湿効果がなくなってしまうため、マットレスにカビが生えやすくなってしまうのです。

 

すのこベッドであれば絶対にカビが発生しないというわけではありません。よく、ベッドの床板の上に普通の敷布団を敷いている方がいますが、ベッド用のマットレスの方がカビは発生しにくくなります。マットレスの方が敷布団よりも空気を通しやすいためです。マットレスの下に、すのこ型除湿マットを敷けば、さらに効果は高まるでしょう。

 

また、朝起きた時には掛布団を折りたたみ、マットレスの表面が空気に触れるようにしておく。定期的にマットレスや掛け布団を干すなど、溜まった湿気を逃がし、乾燥させることが大切です。

 

二段ベッドを置いている部屋の窓を開けて空気を入れ替えるなど、お部屋の換気も忘れないでくださいね。

 

 

マットレス下部、床板部分にカビが生えやすいか否かは、ベッドの質によるものではありません。値段が安いからカビやすいとか、高いから大丈夫というようなものでもありません。ただ、床板の選び方やマットレスの選び方で多少変わる部分もあります。一番大切なことは、普段からの小まめなお手入れになります。

 

最後になりますが、当サイトで調査した中で、唯一、カビ対策とよんでいい二段ベッドを販売してたのが、ベッドデオフィスワン(neruco)です。この通販が取り扱っている二段ベッドで、「ひのきすのこ二段ベッド(炭入り健康二段ベッド)」というのがあります。除湿・消臭のための「炭八」という調湿木炭を床下に入れた二段ベッドで、その効果は半永久的です。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
総合安全度トップ3 手すりが高い二段ベッド 高耐荷重二段ベッド 地震対策OKの二段ベッド